ここ最近、中国において海外サイトやVPNサーバーのブロックが大規模に行われています。

これは中国で「不正ワクチン」問題が非常に話題になっているためだと考えられます。

参考記事:また中国で発生した「不正ワクチン事件」の闇 35万人の子供が接種、親たちに広がる不安
     https://toyokeizai.net/articles/-/230810

この問題に関して、中国国民の政府に対する不満の声が上がっていますが、政府はこの話題の拡大防止と沈静化のため、国内の情報統制を行っています。この他、米国との貿易問題や、北京の米大使館前での爆発などの問題も起き、中国政府はかなりの緊張状態にあると考えられます。

弊社で把握している限り、最もブロックの影響を受けているVPN接続方式はPPTP、L2TP、OpenVPNのようです。
弊社では様々な接続方式を用意させていただいておりますが、現在のところパソコンならRyoVPN Chrome版、携帯ならShadowsocksを最もお勧めしております。
また利用者の増加に伴い、サーバーを増加中です。

接続に問題がある方がいらっしゃいましたら、サポートセンターまでご相談ください。

FacebookやTwitterでもお知らせしております。
より早い情報入手のため、ぜひフォローをお願いいたします。
Facebook:https://www.facebook.com/ryonosukevpn/
Twitter:https://twitter.com/ryonosuke_vpn




2018-07

<< 戻る